平成29年度「洸英塾」にむけて

 

【塾長より】

東洋医学を15年余り実践してきましたが、臨床経験を積み上げていく中で、次第に、漢方の運用には知識と技術だけではなく、東洋医学を貫く思想・精神を実践に生かす事が重要だと強く感じるようになりました。

思想なき東洋医学は、単なる知識の羅列であり、応用することは出来ません。

一方、日本人の感性や精神性は、世界の多様な思想や技術を垣根無く取り入れ、独自の”和の医文化”を形成してきました。
しかしながら近代にはいり、“医”から文化・思想や精神性などが切り離され、東洋医学の本領が発揮できないでいます。

今からつながる未来にむかって、多様で豊かな医文化を産み出すにあたり、日本人が育んできた思想・精神を軸に、すべての“医”の知・技能を結集させ、礎としたいと思っています。

今回の洸英塾の講義シリーズは表と裏に別れます。
知識を習得する表・洸英塾
感覚で体得する裏・洸英塾

表シリーズ、裏シリーズそれぞれは表裏一体ではありますが、独立したシリーズですので、別に受講して頂いても大丈夫なように工夫をしています。

洸英塾に参加されるすべての方は、能力や役割、立場は違っても仲間であり、同志です。
共に成長し、未来を築いていきましょう。

平成29年10月4日

洸英塾 主宰 中田 英之

古代から未来の医文化へ